スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
息子の面談
息子の学校の保護者面談は希望制です。
先日、面談の申し込み用紙を息子が持って帰ってきて、それを見た夫が
「おれ行ってもいいよ。」と言うので申し込み、今日行ってきました。

以下、夫の話のまとめです。

中間試験の結果が出たばかりなので、それを見ながらの面談でした。

担任の先生は教科は英語なのですが、英語しか見てないのでは、
と思うほどのあまいコメントだったそうです(息子は英語はまあまあいい)。

今回かなり総合で順位を下げた成績にもかかわらず、
「今回は少し悪かったようですね~。」という程度だったそうです。

そこで夫は「とんでもない!ちゃんと見て!!」と言わんばかりに
指摘すると、

「う~~~ん」と先生。

そしてじっくり成績表を見て、

・クラスで、これだけ科目の点数にばらつきがあるのは息子だけ。

・クラスで赤点があるのも息子だけ。

・クラスでは、総合点で下から2番目。
 文系の中では他のクラスの子で息子より点数のいい子が20人弱もいる。

とまあ、散々じゃないですか。

先生は、息子のいい面しか見ておらず、息子の『外面のよさ』を
夫が指摘すると、

「うーーん、確かにこの代はそういう子が多いんですよね。」と。

しかしとにかく、息子の言うことを全て鵜呑みにしないで欲しいと
釘をさしてきたそうです。


そして先生が言うには、

・全ての教科において、平均80点を目指す。(悪い科目でも70点)

・頭を使う読書をする。新聞やかたい小説を丁寧に読む訓練をする。

・過去問は今から始めてよい。
 (英語はセンターから始めていい。社会はまだ早い。国語はぼちぼち。)

そしてなにより。
「やらなかったから出来なかった。やったら出来る。」
という過信が一番こわい、とのこと。

息子はいつも、「今回の試験はやらなかったから出来なかった。」
と言っていますが、だめじゃん!ということです。


たっぷり1時間ほどお話してきたそうです。

このままではクラス降格は間違いない。

先生にフォローをお願いしたあとは、つぎは家庭教師と話をするそうです。


スポンサーサイト

テーマ:中高生の親 - ジャンル:学校・教育

[2011/11/05 21:14 ] | 息子 | コメント(2)
<<最後の懇親会 | ホーム | 今シーズンのドラマ>>
コメント
来年度、うちで使わなければの話だけどね~v-12

センター各科目、大学別文系赤本、よりどりみどり!
[2011/11/08 15:43] | URL | こっこぴょん #- [ 編集 ]
家庭教師のJくんは、過去問はまだ
やらなくていいです、だって~。
最近R介は「図書館戦争」から
読書にはまってます。現実逃避か?

[2011/11/12 13:51] | URL | チョコココロネ #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。