スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
中間試験の結果
息子の中間試験の結果が返ってきました。

結果は・・・撃沈


いや・・・、実力通りの結果と言えるか。

ちなみに、J君に見てもらっている英語と数学は上がっている。
しかしそれ以外は無残な点数。

本人の苦手としている理科(特に生物)は、
「はっ!後ろから数えて※番目じゃん!」というありさま。

なんなの、偏差値28って・・・。


まあね、週末はカード屋に行き、普段も部屋に行くとカードを並べたり
マンガを読んだり。

これじゃあ、だめでしょ。
まわりと差がつくのも当たり前じゃん。

息子の口から出るのは相変わらずの甘い考えと、言い訳と、言い逃ればかり。

「現代文は対策の仕様がない。」

「世界史はミスった。」

「英数が出来てるんだから評価されるはず。」

「次の期末ではもっと点が取れるはず。」

「別にそんなに悪いわけじゃない。」

「オレだってちゃんとやってるのに・・・」

うんぬんかんぬん・・・。


やっぱりこいつは甘い、だめすぎる!、とあらためて認識。

夫は、いかにして本人の甘い考えをあらためさせるか、
勉強に時間を割くようにさせられるかを考えている様子。

だいたい、今まで何回、息子の言葉にだまされて?きたことか・・・。


やはり、圧倒的に勉強時間が少ないということに尽きる。
やることを書き出してみると、それがよくわかる。


まずは、週末のカード屋から禁止にするしかないか。

息子よ、もっと真剣にがんばれ!!



スポンサーサイト

テーマ:定期テスト - ジャンル:学校・教育

[2010/10/27 23:33 ] | 息子 | コメント(0)
<<親睦会、大遅刻!! | ホーム | グレーのワンピース>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。