スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
夏といえば読書
夏といえば読書。

先日、クレア9月号(雑誌)を買いました。
特集は「読書の魔力」。

10クレア

読書といえば、昔も今も、推理小説が大好きです。
小・中学生の頃は江戸川乱歩、
高校生以降はアガサ・クリスティー。

結婚後はしばらく育児で忙しく、本離れしていた時期がありましたが、
最近は東野圭吾が好きで、ハマっています。

東野圭吾といえば、今、ミステリー界でもっとも人気の作家さんで、
どこの書店でも本が平積みされていますよね。

読んだことがない、という方でも、名前は知っているという方も多いのでは?

クレアの中でも、「クレア読者が選ぶ、東野圭吾作品ベスト20」という
特集が組まれていました(これ目当てで買ったのですが)。

ベスト10の中の6冊はすでに読んでいましたが、納得の結果でした。

私が今まで読んだ東野作品は、主人公が薄幸だったり、暗い過去を
引きずっていたり、重いテーマを扱っているものが多かったです。

しかし、ストーリーに引き込まれて、一気に読んでしまいました。

どの作品もどんな結末になるのかわからず、どんどん読み進めたくなる。
そして意外性のある結末に驚き、感動します。

読み終わると、しばしその世界にどっぷりと浸かって
しばらく引きずってしまう、そんな作品ばかりです。

ちなみに、数ある東野作品の中で、印象に残った本は、
「幻夜」と「秘密」でしょうか。

特に「秘密」はラストが泣けました。

新作が出るたび、読みたくなるのですが、買うと本の置き場に困るのと、
財源が厳しくなるのが悩みです。


ところで、問題は子どもたちの読書です。
読めといわれるとなかなか読めないんですね~。

娘は夏休みの読書感想文の本をまだ読んでもいない。
恒例の、夏の終わりの大仕事・・・。

(今年も『先生』に頼みたい・・・。ボソッ。)



スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

[2009/08/19 23:54 ] | 本、雑誌 | コメント(2)
<<世界陸上 | ホーム | クラシックコンサート♪>>
コメント
読書って趣味のひとつだね。
自然と何となく読んで、次々と数が増えてゆくんだろうね。
小学生の今が 本に親しめる年代だぞ。

読書感想文を出す事で、 読む機会を持つのもいいだろうね。
各自好きな本を選んでよいとなると、 生徒の数ほどの
感想文が出てくれば先生は大変だよ。 
先生の大仕事の事を思うと 生徒は楽じゃないか!

読書で困ることは、途中で止められず夜がふける事だな。
この後はこうなるのかなと空想して、仕方なくしおりを挟んで
寝ることになる。

東野さんは知らないなー。 シルバー年令だからか?
”レッド・オクトーバーを追え”が面白かったので
今は トム・クランシーの厚い本を読んでいるよ。
いやー。 読書も楽しいなあ!


[2009/08/20 10:47] | URL | Rainbow #- [ 編集 ]
書きましたかあ?
早く言ってくださればよかったのにい。
今年は読書家のママががんばって先生してみます…?


[2009/08/24 00:09] | URL | こっこぴょん #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。