スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
「夫とふたりでもうまく暮らすコツ」
最近、こんな本(マンガ)を買いました。


▼「夫とふたりでもうまく暮らすコツ」
20ほん


作者は青沼貴子さん。

あの、リュウくん、アンちゃんの幼少時代を描いたマンガ、
「ママぽよ」の作者です。

「ママぽよ」、大好きでしたね~。
ものすごく面白いだけでなく、共感したり、励まされたり。
とってもほのぼのしていて、読むとあったかい気持ちになれた
マンガでした。

「ママぽよ」のその後を描いた「かわいいころを過ぎたら」も
もちろん買って読み、ああ、あのリュウくん、アンちゃんは
こんな風に成長したのね~と親戚ののように感慨深く思ったものです。


そして今度は、妻50歳、夫52歳、リュウくん23歳、アンちゃん21歳。
子どもの巣立ちを直前に控えたアラフィフ夫婦の、夫との向き合い方に
ついて描かれたマンガなのです。

我が家は子どもがまだ中・高校生ですが、部活だ遊びだと週末でも
いないことが多くて、夫とふたりで出かけたりふたりでいる時間が
増えたりしてきました。

この先の長い人生、夫と仲良く楽しく暮らしていきたいですからね、
参考にしようと思いました。

この本によると、夫と楽しく、仲良く暮らすポイントは、

・夫に関心を持つ。
・家の中のどこかに自分だけの絶対領域を作る。
・夫は自分を映す鏡だと思おう。

そして一番大事なことは笑うこと!

だそうですよ。

他にも色々なコツがあるのですが、それらを意識しながら、
暮らしていきたいと思います。




スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2011/11/29 23:22 ] | 本、雑誌 | コメント(3)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。